08.12.25

ケータイとパソコンのあいだ。
 auの携帯電話を、また2年以上も使ってしまった。
およそ2年前もずっと同じものを使っていたのだが、そのうちauお客様センターから「長くご愛用されているお客様への特別キャンペーン」というチラシが届いてしまった。
 なるほど、要するに
「携帯を早く新しいのに買い換えろキャンペーン」ってわけだな。(笑)
今度もKDDIお客様センターから督促チラシと、督促の電話がかかってきやがった。
私は相変わらず電話が嫌いなので、いつも放置プレイ中だし、着信音もずっとバイブレーションのままである。
やっぱり人の歴史は繰り替えすのだねぇ〜と妙に感慨深くなるのであった…。

 私は、今こそケータイを捨てるべきかと悩んでいる。仕事で必要だって?いやいや、仕事とプライベートは一切関係ないでしょ。ケータイは友達と遊ぶ連絡さえできればそれで良いのだよ。
本を読む時間がなくて、常に着信に気を使わなきゃいけないなんて、いったい誰のための人生なんだろうか…。

 auショップへ行ってみたら、今度のキャンペーンはau指定のプランと、特定機種に限ってしか適用されないという。それじゃあ「敷金礼金ゼロ」って宣伝してるけど、実際は特約オプション扱いしている某不動産屋みたいじゃないか!(笑)

 でも、私のケータイは壊れ始めている。
充電の差込口が歪んでいるし、ときどき電源が切れたりバグっている。水没したり落下の衝撃でカメラにヒビが入っている。パソコンのキーボードにうっかりコーラをこぼしちゃったら、「あ」と入力したつもりなのに、「ちとしハ…」とか表示されてしまったような危機感があるのだ。
いやー参ったね…。

 とりあえず店頭のサンプル電話機を手に取り、強く握ってみたりひねくり回してみると、どれもミシミシ…と脆弱な音がきこえてきてヤバイ雰囲気である。なんだ、これじゃあ金庫破りの爆破仕事とか大気圏突入に耐え切れないじゃないか。
今までは写メールのカメラで一番画素数の大きい機種を選んでいたけれど、今度は思い切ってフザけた、非実用的なやつを選んでみようかと思っている。ソニーの超小さい、おもちゃみたいなウォークマン携帯とか。(笑)まさにいいトシこいて、理由なき反抗というものである。


 そういえば最近、私の年代物のノートパソコンが壊れそうな音を立てている。買い替えどきかもしれない。
OSがWindousXPなのでヴィンテージほどではないが、5年以上前のアンティーク品である。
先日Windowsセブンのパイロット版が登場したが、まだメーカーのサポートもクソもない段階なので、Vista末期モデルの買い替えになるかもしれぬ。
Macに興味がないわけじゃないが、マックユーザーはバイクでいえばカワサキ車のオーナーに見えるんだな。いや、別に偏屈者って言いたいわけじゃなくて、こだわりがあるナ〜…ってホメてるんですけど。(笑)
私はどちらかというと、Apple創始者のスティーブ・ジョブス(YouTubeへ動画リンク)の方に興味がある。本田もソニーも松下も、商品よりも今は亡き創業者の方にファンが多いのではないかと思われる。

 まぁ、パソコンなんてそこいらにあるもの(マイクロソフト)を使えばいいや。と思って店頭でノートPCを物色したら、物によっては10万円以下で買える時代になっていた…。サンタさん、台湾の5万円ノートPCでいいから僕にプレゼントをください。


 今回はクリスマスなので、映画「ホームアローン2」からイカしたセリフを抜粋して筆を置くことにする。
復讐に燃えるあの男が女に向かってマシンガンを乱射しながら、

「hahahahaha〜!メリークリスマス、クソやろう!」(ババババババンッ)
「ハッピーニューイヤー!」(バンッ)


アデウ。




悪童日記へもどる。




55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット