08.11.25

エンジンオイルの失敗談。

 大学時代のお話です。
(もう百年くらい昔になりますが…。)
私はその頃、2ストエンジンのDioに乗って毎日山をブンブン走っておりました。
その日の講義が終わると、いそいそとバイクにまたがり桐生〜足利付近の山道を、まるで何かの中毒患者のように…日が暮れるまで走っていたものです。
峠をクネクネ・ブンブンと走って、ガスが無くなったら麓に下りて給油して、また走るといった具合です。長いときは一日に150km走ったこともありました。(アホですねぇ…)

 さて、大変お恥ずかしい失敗談になりますが、自戒の意味を込めて私はここに告白しなければいけません。エンジンオイルのお話です。
 当時、貧乏学生だった話はエンジンオイルを交換するときに、(やめとけばいいものを…)ホームセンターに置いてあるカストロールの激安オイルを購入しました。ホンダの純正オイルが700円くらいに対して、確か300円くらいだったと記憶しています。オイルくらい純正品を使えばいいものを、当時の私の精神状態は僅かな目先の値段で買い物をするくらい貧しく、切迫していたのです。
 ここで誤解しないでほしいのですが、私は決して「カストロールが悪い」といいたいのではありません。私は、カストロールというブランドは好きですし、現在もクルマのオイルはやはり同社のものを使用しています。
個人的に、AutoWorks誌の別冊『トータルバランス快速チューニング』で、カストロール社の専門家がエンジンオイルについていろいろ教えてくれたのも好印象でしたしね。

 とにかく、あんな安いオイルを使ったことが悪いのであり、そんなものを売る店も悪いし、需要があるからと作るほうも悪いのです。(笑) でも結局のところは、そんなものを求める消費者がいるから悪いのでしょう…。需要と供給。賢い消費者でなかった自分が悪いのです。
 結果的にエンジンを壊しました。
そもそも2サイクル・エンジンですから、耐久性に難があるのは否めない。
それにメーカーが純正オイルで設定したメカの作動バランスを崩したのだから。
 もし、いまから中古のNSRなんか乗ろうと思ったら、やはり定期的にOH(オーバーホール)しながら乗ることになるでしょう。そういうモノなのです。

 当時の私は消費者として、確かに正しいとは言えません。
後からではいくらでも言うことはできますが、あの毒々しい、緑色の激安オイルを入れては、「安い安い。」「エンジンのフケが軽くなった!」などと喜び、挙句には毎日非常識な乗り方を繰り返していたのですから…。
エンジンの吹け上がりが軽くなったのは、粘度が低くなったのだから当然です。
その目先のメリットだけに心が奪われて、デメリットの方に気づくのが遅かった…。
気づいたときには、すでに遅かったのです。

 間違えた使い方をしてマシンを壊すなんて、馬鹿げています。
ましてや事故を起したり、命を落とすなんて、もってのほかです。
これまでに私は何度も事故を起したり、マシンを壊したけれども、こうして生きているのは、たまたま運が良かったからにすぎない。
 「クルマが好きなら、クルマで死んじゃあいけないなぁ…。」という独白が自然にでてきてから、はじめて誇りを持ってクルマ好きを自称できるようになれたような気がします。
これはもちろん、バイクでも自転車でも同じです。
でも私は賢くないから、それでも懲りずに山を走っているんですが…。
「ベンツかクラウンでもおとなしく乗ってるのが一番だろ。」なんてクチでは言いながらね。
結局、私は懲りてないのだ。愚かなのだ。

 ただ、もっとクルマのことを知りたいと思って、自動車工学の知識は前よりも真面目に勉強するようなったかな。少なくとも、ミニ四駆みたいな改造をクルマでやることはないでしょう。
世の中の走り屋のほとんどが、ミニ四駆やラジコンの改造みたいなことを、クルマでもやっている。確かに熱中はするが、実際にそれをやってしまうと不幸の元であると思う。

 結論、オイルは純正。それを2,000〜3,000kmで交換。これなら間違いない。
走行前に交換すれば、サーキットでもいける。心配ならワンランク上のグレードにすればよろし。
 日産の「GT-R」は、純正部品を社外品に変えてしまうと保障の対象外になることで有名だ。
私は、これを素晴らしいことだと思う。サプライヤー(部品の供給者)の技術は本当に素晴らしいと思う。
もちろんチューニングは好きですけどね。

(え?スポーツカーは純正の部品交換も高いって?)
(それならもっと働いて金を稼ぐか、小さいクルマに乗ればいいのです。)





ガレージライフへもどる。

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット