HONDA Cubra(スーパーカブ90cc改)





<カブラとは?>
私が乗っているカブラとは、スーパーカブのお洒落仕様車です。
カブは笑っちゃうくらい維持費がかからず、耐久性も抜群の化け物マシンです。
カブラはさらに、後ろから眺めるとポルシェ911のようにキュートなお尻が特徴になります。

 スーパーカブは誰もが知っているビジネスバイクです。
新聞屋さんや、お蕎麦屋さんでお馴染みのあのバイクです。
日本全国どこに行っても、カブは走っています。
なのでツーリングしていても、地元の人と間違えられてしまいます。(笑)
カブラにすると今度は正体不明か、ベスパと同じスクーターと間違われます。
すでに風景の一部と化したこのバイクは、人に威圧感を与えることがありません。
スーパーカブは本田総一郎さんが「蕎麦屋の小僧が片手で運転できるバイク」
をコンセプトに開発したことでも有名なバイクです。
その名残で、今もアクセル・ブレーキ・ギアチェンジは右手と両足のみで操作をします。

 Cubの名は、英語で「ライオンのような猛獣・肉食獣の子」を意味します。
マシンの高性能化が進んだ現在では、カブは非力なバイクかもしれない。
だけど、私はこのバイクを頼もしい存在に思うし、心から信頼しています。



<経済性抜群!>
 カブは原付なので、部品代や工賃も安価。日本全国の二輪ショップで修理可能です。
保険は家族が自動車を所有していれば、ファミリーバイク特約が適用できます。
自動車税は原付なので、一年で千円ちょっとだったと思います。
 オイル交換も千円。ガソリン満タンで数百円。車検もなし。
燃費は計ったことないけれど、実際リッター60kmくらい走ります。
銀行屋さんや郵便屋さんが採用するほどコストパフォーマンスに優れたバイクなのです。



<堅牢無比!>
 あるいは「鉄のエンジン」、「鋼の心臓」というタイトルでも良いかもしれない。
スーパーカブの特徴を語る上で、その「驚異的な耐久性」が挙げられます。
ネット上でも都市伝説のようなエピソードが、いくつか見つけられます。
どんなオイルでも(極端な話、水でも)走るというのはいささかの誇張表現でしょうが、
きちんとメンテナンスをすれば、10年、10万kmが可能な事はよく知られています。
実際に私がお世話になっているバイク屋さんでも、カブの10万kmオーバーを達成しています。
私はバイク屋さんのアドバイス通り、1,000km毎にオイル交換と点検をしています。

 カブの心臓は通称「横型エンジン」と呼ばれ、水平方向にピストン運動をします。
私は「ここに耐久性の秘密があるのではないか?」と思っています。
…というのは、第二次大戦で活躍したゼロ戦の心臓は、星型エンジンとよばれる構造なのですが、
放射状に配置されたシリンダーの中で、水平位置にあったピストンが最も長持ちしたからです。
これが中島飛行機を前身とする、スバルの水平対向(ボクサー)エンジンのルーツというわけです。

 もう少しマニアックな話をすると、カブのエンジンはシリンダーがほぼ水平に前傾しているので、
ヘッドの位置が低い。結果的にヘッド周りにオイルを循環させるのが楽になります。
オイルをポンプで圧送しなくても、ヘッドが焼きつく可能性はかなり低くなるというわけです。
でも完全な水平だとシリンダーヘッドからオイルの戻りが充分でないので、10°の傾斜がついている。
 これがスーパーカブの横型エンジンの秘密なのです。
温度変化が厳しい空冷エンジンですが、以前デイトナの「温度計オイルフィラーキャップ」を
付けた方のサイトを見たら、真夏の上り坂でも油温は一定以上は超えない事がわかりました。
具体的な数値は忘れましたが、100℃以上にはならなかったと記憶しています。つまり適正温度をキープし続けたことになります。…が、風防を外すと整流効果がなくなって冷えなくなります。

 もっと面白いエピーソードは、本田技研の福井威男 社長が昔 先輩から聞いたお話。
カブのエンジンを耐久テストにかけたけれど、いくらやっても壊れない。
絶対壊してやるぞと、地球上ではありえない過酷な条件をどんどん与えて、テストを続行したら
樹脂製のオイルフィラーキャップが溶けて、オイルを吹いて焼きついたという。
でも、初期型はこのキャップがアルミ製だから、それなら焼きつかないだろう…と。。
 
 ※エンジンオイルはWAKO'S(ワコーズ)を使用しています。
  elf(エルフ)にすると油温が上がらないそうですが、大型バイクならともかく、カブに使うには少しモッタイナイ…というか、
  オーバークオリティだそうです。
  確かにモチュールやスノコや某エンジン屋製なども良いオイルでしょうが、私は純正かこれで十分だと思っています。




<ギアチェンジが出来る>
カブはスクーターとは違い、自分でギアチェンジをする楽しみがあります。
ギアは基本的に3段で、左足のシーソー・ペダルをガチャンと踏んでチェンジします。
ロータリー式なので、もし3速のまま停車してもガチャッとニュートラルに戻せます。
 N⇒1⇒2⇒3⇒N …と繰り返してゆくイメージです。
もちろん、走行中は安全機構のため3速からニュートラルには入らないので大丈夫です。
操作が簡単な遠心クラッチだからエンストの心配はありません。



<デザイン論>
 私は生活を楽しくする乗り物は、デザインが大事であると考えます。
ロンドンを走るバスのように、オシャレな乗り物が街を明るくするのです。
例えば日本のタクシーを全部キューブにしたらかなり面白いと思います。
発売から半世紀のカブのデザインは、レトロでありながら機能的でもありました。
エンジンのカバーを兼ねた風防は多少の雨風もしのいで、エンジンなどを
むき出しにすることなく、見た目をスマートにしています。
 ママチャリを想像してもらうと分かりやすいのですが、低いフレーム構造の車体は、
スカートを履いた女性が足を高く上げて跨る必要がありません。
もともと運搬・配達を主な用途として開発されたため、後ろに荷物を載せたときも、
シートの下へ配置された燃料タンクも、水平エンジンも、すべてフレームを下げて跨るための設計です。
カブのデザインは白鳥をイメージしていると、どこかで読んだ記憶がありますが、
機能が形態にあらわれていて、水面下で一生懸命 水を掻く白鳥の姿を想像してしまうと、
思わず納得してしまいます。



<走りの性能は?>
 ぶっちゃけて言えば、カブは
遅いです。決して速くない。
私のカブは90ccですが、出足は2ストのスクーターとは比べるまでもなく遅いし、
やっぱり原付は後ろからアオられたり、強引に追い越されたりします。
なんとか60キロ以上は出せますが、かなりエンジンが唸っています。
(それでも後ろのクルマは威圧的に迫ってくるのだ!)
さすがに数時間も走っていると振動で手がしびれてきますねぇ…。
もし50ccのカブだったらもっと大変だったでしょう。
けれども、健気に頑張るエンジンの様子をみながら上手にギアを選択して走ると
とても効率が良い運転をしているな、と実感できます。

 カブに乗っていると、現代の車がどうも過剰な高性能に感じてしまいます。
大衆車なのにスピードを出さなければ走っている気がしないでしょう。
 だからといって、カブのスピードアップの改造については、あまり意味がないと思います。
特に50ccのカブをゴテゴテに改造するよりは、はじめから90ccを購入する方が間違いないし、
もっと言えば違うバイクに乗ったほうがイイことになりますからね。
でも、自衛の為に大音量のホーンに交換したいとはよく思いますね。

 カブは50キロ前後でトコトコ走ると、とても気分が和みますよ〜。
信号のない田んぼ道を トゥルルルルル〜♪って巡航していると
なんだか漫画「ドラゴンボール」に出てくるキントウンに乗っているような雰囲気です。
鳥山明さんのイラストをちょっと想像してみてください。
悟空が飛んだ方が速いに決まってるけど、バイクって楽しそうじゃないですか。



〜 このページを作成した2008年、カブが誕生して50年が経ちました 〜
 さらに、世界での販売台数は6,000万台を記録しました。
 「エンジンの力で人々の生活を豊かにしよう」という本田総一郎さんの意思は
 スーパーカブという一台のバイクから世界へ羽ばたいていったのです。



<カブのカスタマイズ解説>
 ヘッドライトバルブ
 ヘッドライトカウル
 メッキミラー
 タル型ミニグリップ
 レッグカバー
 メッキのモール
 小物入れ
 磁石付きドレンボルト
 カブラ・サイドカバー
 ナンバープレートカバー
 ペダルカバー
 ステッカー
 コンビニ・フック


ガレージライフへもどる

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット