08.05.17

クルマ選びは店選び。

 クルマ選びは、多くの人が「予算」と「見た目」で選ぶのだと思う。
それに個人の持つ「ブランドイメージ」が加わる。
トヨタなら買った後も安心だろうとか、マツダのデザインと操縦性が好きだとか、ホンダのエンジンが最高とか。
あとはいかに値引きして買うか、汚れが目立たない色か、もうちょい考える人は売るときお金になるかに尽きると言ってもいいだろう。
(憧れのクルマを修理してでも乗りたい、というのは少数派だ。)

 お金持ちはこの限りではない。例えばレクサスに行くような人は、カローラ店に行くオバチャンのようにヴィッツを一万円でも安く値切って、オプションもあれこれオマケしてもらい、ちょっと糸くずみたいなキズが付いていると、鬼の首を取ったようにあーだこーだと言ったりはしないだろう…。
お金持ちはあまり執着なく500万円のセダンをポン、と買ったりするようである。

金持ち喧嘩せず…。

 私はバイクや他の趣味にお金を使いたかったし、後でRX-7に乗り換えるために「安い中古の軽で練習すればいいや…」と考えた。
でもあんまり小汚いのとか、ボロっちいのは私の美意識に反する。
とりあえず、プレオで手ごろな物件を探したところ50万円ピッタリで見つかったわけだ。
「そこそこキレイだし、まぁ練習用だと思って付き合おう」と思って。

 そんなプレオは、群馬県のウ○ング・カー○という小さな民間中古車屋で購入した。
狭い展示場の一角にプレハブのガレージがあり、スポーツ車を中心にして残り半分が格安の高級セダン、という按配である。
 ディーラーのようにきちんとしたガレージがあり、アフターサービスもしっかりしている所で買うのが理想的だが、少し不都合があっても予算を優先したのだから仕方ない。

 購入したクルマはオーディオが壊れていた。
ラジオは聞こえたけれど、CDがダメ。おいおい。
(冷却水のホースも戻し忘れて漏れてたし。)
仕方なくクルマを持ち込んでみると、修理するなら電気屋に出すという。予算がない事を伝えると、「いくらなら直すか」と聞かれる。
妙なやり取りだが、新品の値段を考えても一万円くらいまでだと言うと、しばらくして「一万円くらいだから修理に出す」と中古車屋。すぐにキャンセルする。

 保障期間の無償修理にはならないんですか?と聞くと、
「オーディオみたいな電気モノは製造から2年が保障期間だから…」
と言われる。こちらはそんな法律は知らなかったが、壊れていた事を表記せずに販売していたのは納得いかないので、その中古車屋が加盟しているJuっていう中古車販売組織に電話してみた。
対応はあまり好ましくはなかったね。何かぐだぐだしていて。
「詳しい保障のことは判断しかねるから、販売店と話し合ってみて」とのこと。
 次に消費者相談センターに電話してみたら、コチラは善意の弁護士の人たちが運営しているしっかりした組織だったが、結局また交渉のために販売店に出向くことに。

その販売店は主張を変えないどころか、こちらの意見に対し逆ギレするし「訴えるものなら訴えてもいいですヨ、こちらは正しいんだから。仮に裁判でこちらが負けても一万円の修理だけどね」と取り合わず。こちらも二度と来ないヨ、と喧嘩して交渉決裂したわけさ。

 オーディオは後で知人からのもらい物を自分で取り付けたし、それが壊れたら量販店で新品を購入したけどね。
クルマを買うときは、サービス代と思って予算は多めにとり、店構えや対応がしっかりしている所で買おう。保障内容もよく確認して、よーーーく店の人を見極めよう。サービスが良ければこれくらい直してくれるからね。
また「他にもコレを買いたい人がいる」といわれても、常套句のウソに決まっているから信じないこと。
手付金は法律で消費者に返さなくてもよい事になっているようだから、決して多く払わないこと!(特にB○Nとかね)
スポーツ車や高級車ばかり置いてあるところは、自動車学校上がりのアンチャンか、エセ整備士かヤクザが運営している率高し。クルマ屋なんてそんなもんだ。
それから、クルマを納車したら「必ずその場で」ワイパーやウインドウ、オーディオやライトなど、「動かせるものは全部」動作を確認しましょう!

だって私は「その場で確認しないのが悪いんでしょ。フツーはその場で確認していきますよ」とか言われたからね…。そうそう、後で加速するとノッキングみたいになるから、知り合いの工場に見てもらったら、5万キロ以上走っていたのに一度もプラグを交換してなかったしね。

悲しいことだけど、自動車業界はまたまたアコギな商売が多すぎます。
皆さんがよきカーライフを送れるように、消費者としても賢くなりましょう。


(ちなみに、私が群馬県の中古車屋さんで好印象なのは、新田町の小林自動車さんですね。小学校の向かいにあります。ウチのクルマもここで買いました。いつも手作りカステラを手土産にくれるおじ様がとっても素敵です。話しているとクルマが好きなんだなぁとひしひし感じます。コンパクトカーやワーゲンを探している人は覗いてみて下さい。)




ガレージライフへもどる。

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット