7.02.18

クルマ好きの通勤車問題。

 私の初めてのマイカーはスバルのプレオを購入しました。
大学を卒業して就職した会社がスバル(富士重工)と取引しているため、通勤車はスバルじゃないといけなかったのです。
(てっきり会社と取引のあるメーカーのクルマなら好きに選べると思っていたんだけど、スバルの経営が傾いてトヨタの傘下になっちゃった。)
私の地元、群馬県はまさにスバルのお膝元であり、星の数ほど存在している関連会社には、皆そういう大人の事情があるわけです。
スバル以外の車に乗りたいのなら、通勤用にボロの軽自動車、例えば貨物4ナンバーのヴィヴィオを使い、プライベートにBMWとか、オデッセイ!という方が結構いらっしゃる。

 当然、「クルマが好きで自動車業界に就職したのに、スバルにしか乗れないんじゃヤダよ…」と、会社を辞めてしまうフレッシュマンも何人かいるようです。
 ある男はセルシオに乗りたかったそうで、男の夢を叶えるために辞職という決断をしてしまったおバカさんです。私はこういう人を愛すべきだと思いますが、3年以内に辞めてしまう若者がまた一人増えたと非難する声もあるようです。(笑)

 私もずっと憧れているクルマがありまして、中学生の頃からずっとマツダのRX−7に乗りたいと願っています。進路希望なんて尋ねられても、さっぱりピンとこなかったのですが、ただセブンに乗りたいという夢だけでこれまでの人生突っ走っちゃってます。毎日ミニカーを眺めてはうっとりしているような状態です。ここまでくると、もうビョーキですけどね。
 「RX-7は日本車の中で最も美しい。」

 まぁ、その夢も上記の理由によって崩れかけているわけですが(笑)、これくらいで諦めたらマツダ・ファンのスピリットが廃れます。
俺は近い将来、きっとセブンに乗るもんね。

 でもあーあ。通勤の足にしなきゃいけないプレオを買いました。
スバル車は全部試乗して、いまの私にはスーパーチャージャー付きでレギュラーガソリン仕様の軽が適当かな、と。
こりゃ十分走るので、1.5Lのインプレッサなんていらないや、と。
ボンネットに変なデカい、エアスクープ(吸気口)がついてないし!
クルマいじりだけじゃなく、女の子を誘ってどこか遊びに行くのも素敵なカーライフだと思うので、これは良い選択だったと思っています。

オーディオが壊れてたけど…。

(中古車購入後のトラブル編へ続く…)




ガレージライフへもどる。

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット