07.02.12

ドリンクホルダーを真剣に選ぶ。

 プレオが納車してから一週間ほど経った。実際に使用してみて少しずつこのクルマの様子がわかってきた。

まず、他のスバル車と少し違うおとなしいデザインの純正エアロ。ゴテゴテしていなくて、上品にスポーティさをアピールしている。
基本的に改造の類には手を出さず、まめにメンテナンスをするつもりだ。

 しかしクルマ好きには、当然のことながらあれこれ部品を付けたくなる欲求というものがある。私のクルマに足りないものは「カギ穴付近の照明」と、「運転席側のドリンクホルダー」である。
 あとは「ゴミ箱」がなかった…。
仕方ないから別売りのゴミ箱を買おうと思うのだけれど、ビニール袋や百円ショップのゴミ箱をそのまま足元に置くのは、生活臭が漂うから絶対に嫌だ!あと変なティッシュボックスのカバーも!(笑)

 サンバイザーへ取り付ける「収納便利グッズ」の類は総じて好きじゃない。内装との調和が取れていれば良いけれど…。もし付けるなら、さりげなくアクセントになるようなものを選びたいと私は思う。
 許せないのは、アクセサリーを助手席側エアバックなど安全性に関わる場所に設置する行為で、あれは自分だけでなく同乗者に怪我をさせる原因になる。 ワイドミラーをつけてもサンバイザーがつかえて使用出来なくなるのも本末転倒である…。


 さて。
とりあえず、小さな照明は見つかった。両面テープでドアに貼るとキー照明になり、フォグランプのスイッチもよく見えるようになった。
(さーて、理想のドリンクホルダーは見つかるだろうか。)

 いろいろ物色してみたら、星光産業というメーカーの品が良かった。『カーグッズ品評会!』(CarGoods Magazine別冊)という本によれば、金属製クリップ採用を頑なに守り続けている、元祖ドリンクホルダーの会社として紹介されていたものだ。
 カー用品売り場には他にもカーメイト、ヤック、ナポレックス…というブランド品が沢山あったけれども、素材の質感や剛性感がしっかりしていると感じたのは、やはり星光産業だと思われます。だてにタクシーやトラックなどの職業ドライバーに支持されているわけじゃないね。

******
 そんなワケで、今回私は「NEMESIS」という、何故か神話に出てくる“復讐の女神”の名前が付けられている製品を購入した。
(品番EB-133 メタルA/Cホルダー GM)
500mlのリプトン紙パックは入らない円形だが、あれをエアコンの噴出し口に載せるのは心配だし、センターアームレストに置けるから良しとしよう。
 でも何故「NEMESIS」というのだろう…?
次々に現れる類似品に対する「絶対的な品質によるアンチテーゼ」の証明なのだろうか?ネメシスって。




ガレージライフへもどる。

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット